日本人がフィリピンで生活をする最低限の居住内容

日本人がフィリピンで生活をする最低限の居住内容

安心ガードマンがいる物件で生活しよう

日本人が現地採用として働くのであれば、お給料も安いしフィリピンの現地の方々の一般的な生活をしなくてはならないのでは…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、実際に現地の方の中流程度の生活であっても、日本人が同じ環境で生活をするのはなかなか難しいかと思います。

 

たとえば、シャワーがない住居も多いですし、シャワーがあったとしてもお湯は出ずに水だけというケースだったりするのです。

 

フィリピンは暑いとは言っても、日本人は水でのシャワーには慣れていないので、毎日大変に感じるかも知れません。

 

 

また、食事に関しましても、現地の平均の食生活はおかずを一品、そしてその他には山盛りのご飯だけ、というのが一般的です。

 

お米を食べるのは日本人にとっては有り難いのですが、日本食のおかずが恋しくなることもあるでしょう。

 

そのため、ある程度の生活レベルを維持したいのであれば、現地の普通の生活にかかる出費よりも、もう少し多めに見積もっておかないとなりません。

 

フィリピン国内でも、都市部であれば立派なコンドミニアムなどもあり、日本人の駐在員などもたくさん生活しています。近くにスラムが無い事を確認し、ガードマンがいるアパートやコンドミニアムを探しましょう。

 

一般的なフィリピン人とは比べ物にならないくらいの近代的な生活が可能になっていたりもするのです。

 

ご自身がどれくらいのお給料をもらって、どの程度の生活レベルを維持していきたいのか、ということによってフィリピンでの生活は人それぞれ違いが出てくるでしょう。