フィリピンのアウトソーシング業での求人が期待できる

フィリピンのアウトソーシング業での求人が期待できる

アウトソーシング産業が流行っている

日本人がフィリピンで働くにあたって、非常に多い職種がアウトソーシング産業です。

 

特にコールセンター部門での売上は、2010年にインドを抜いて世界1位になっていて、なんと毎年10%以上もの急激な成長率でアウトソーシング産業が成長し続けており、日本だけではなく世界的に注目を浴びているのです。

 

他にも製造業を中心に通信、IT、不動産、金融、ホテル、観光などさまざまな産業で日本人がフィリピン国内にて働いているのですが、最近では日本語のコールセンターであったり、オンライン英会話サービスなどの仕事をされている方も増えてきています。


出典:フィリピン求人ナビ : 日本人の就業・勤務を応援する情報サイト


通常のオペレーターとしての勤務であれば、給与はそれほど高くなく、日本円にして8万円から15万円ほどでしょう。

 

マネージャーとしての採用であれば、15万円から23万円くらいの給与が設定されることが多いでしょう。

 

フィリピンのセブ島などで語学留学をする日本人もとても多く、しっかりと英語を学んでからその後現地採用として働く人も増加傾向にあります。

 

フィリピンではタガログ語だけではなくフィリピン語も公用語の一つですから、英語を使うことが出来れば生活にも仕事にも支障はないでしょう。

 

現地採用ですと、日常会話レベル以上の英語力が必要だったり、ビジネスレベルの英語力が必須であると決められているような求人が多く、とにかく即戦力として働ける方が優遇されます。

 

アウトソーシング業界でも、現地のフィリピン人従業員をまとめるリーダー的なことを任されることも多いですから、円滑なコミュニケーションをはかるためにも、高い語学力が求められているのです。

 

そうした現場をまとめるような役割を経験したことがある方も優遇されます。