長期でフィリピン生活・移住をする場合の仕事の選び方

長期でフィリピン生活・移住をする場合の仕事の選び方

永住、移住という選択と仕事の選び方

フィリピンが好きで、せっかくならば仕事をしながら長期的に生活をしていきたい…と考える方もいらっしゃるかと思います。

 

そういった場合には、駐在員として働くよりも現地採用として働く方が良いでしょう。

 

駐在員でしたら任期が満了したら今度は他の国で仕事をしなくてはならなかったりして、自分の思うようにフィリピンだけに滞在することが難しいからです。

 

現地採用の仕事は、生活基盤をフィリピンに移して長期的に居続ける方を対象にした上で募集がおこなわれています(あるいは既に在住している日本人向け)から、もし日本に帰りたくなったり、他の国で生活してみたくなったときにはフィリピンでの仕事を辞めて転職することになるでしょう。

 

また、仕事の内容も駐在員と異なり、現地と日本を繋ぐ役割としてというよりも、現地の従業員をまとめたり、日系企業であれば駐在員のサポートをすることもあります。

 

そのため、英語力だけではなくタガログ語に長けていると優遇されるかと思います。

 

通訳や翻訳を頼まれたりすることもあるでしょうし、地場企業だったりすると会社の同僚も取引先の相手もすべてフィリピン人ばかりだということもあります。

 

その場所に溶け込むためには英語でのコミュニケーションだけではなく、やはり現地のみなさんが使っている言葉が使えた方が安心です。

 

お給料に関しては、企業や職種、ポジションや本人の持つスキルなどによって違いがありますが、駐在員の方との差は非常に大きいと考えておいた方が良いかと思います。