フィリピンで働く際に気になる給料、これぐらいは欲しい

フィリピンで働く際に気になる給料、これぐらいは欲しい

日本人なら日系企業に就職しよう、さすれば給与は安心

海外で仕事をするとなると、気になるのがお給料ではないでしょうか。

 

今までもらっていた金額よりも上がるのか、下がるのか、それは働き方のスタイルだったり、国、さらには職種、ポジションなどいろいろな要素によって異なります。

 

特に条件的に有利なのは駐在員として働く場合です。

 

日本で働く場合と同じくらいの金額になるだけではなく、海外手当などがプラスされたり、運転手付きの社用車での送迎があったり、高級ホテルのような広い社宅が支給されるといったこともありますから、実際は日本で受けている待遇よりもかなり良くなることが多いのです。

 

 

それに加えてフィリピンの物価は日本に比べますとはるかに安いですから、相対的考えると相当な好条件で仕事が出来ることになるでしょう。

 

 

現地採用の方の場合には、日系企業であっても雇用先は日本の本社ではなく現地の企業になりますから、駐在員のような高待遇が受けられることは少ないでしょう。

 

 

お給料面に関しましても、駐在員との差はかなりあるかと思います。

 

ただし、現地採用だからといって、現地のフィリピン人従業員と同じお給料かというとそうではありません。(平均で6万~18万円を想定)

 

任される仕事内容も異なりますし、その人の持つスキルや経験などによって金額は異なりますが、現地の方よりも金額的には高くなるのが一般的です。

 

ですから、日本に比べたらお給料が少なく感じるかも知れませんが、物価のことを考えれば問題なく生活をすることが出来ます。一概に日本のお給料とは比べることは出来ません。