フィリピンで働くにしても職種によって給料が異なる

フィリピンで働くにしても職種によって給料が異なる

自分の職種で生活できるのか?

フィリピンで働く場合、職種の違いによってお給料金額には違いが出てきます。

 

その人だからこそ出来る仕事、持っている知識やスキル、今までの経験を活かして即戦力となって働く場合には割と高いお給料がもらえたりすることもあります。

 

たとえば、システムエンジニアとしてシステム関係の仕事に就くといった場合は専門職ですからお給料は高めになります。

 

もしもフィリピンで日本と同じくらいのお給料をもらうことが出来るとなれば、生活にはかなりの余裕があって良い暮らしが出来るでしょう。

 

その間にはしっかりと貯金をしておくことも可能なはずです。

 

 

また、システムエンジニアなどといった専門職ではなく、現地で働く従業員をまとめる役割を持つリーダー的な存在としてコールセンターなどにて仕事をする場合には、極端に高い金額は支給されません。

 

ただ、日本ではそれほど高い給料ではないと思うような金額であっても、現地では高給だったりもします。

 

 

駐在員として日本の会社から現地へ派遣されている場合には、旅行代理店や工場の現場管理などいろいろな職種がありますが、どれも大体日本の給与水準と同等でしょう。

 

しかし、同じような仕事をしているけれども現地採用として雇用されている場合には、駐在員の半額以下くらいの水準になると考えていて良いかと思います。

 

まずはご自身がどのような職種の仕事に就きたいのか、どういった業務をこなすことが出来るのか、そして駐在員・現地採用といった雇用スタイルについても考えていきましょう。